福祉でまちづくりを進める
社会福祉法人ヒューマンライツ福祉協会

援護福祉 就労継続支援B型/障害者相談支援(ヒューマン援護福祉プラザ)

「この街で生きていく」~私たちが応援します~

援護福祉 就労継続支援B型/障害者相談支援(ヒューマン援護福祉プラザ)

 西成区の釜ヶ崎(あいりん地域)は、貧困問題、ホームレス問題、高齢化の問題をはじめとして、社会福祉的課題が集中するまちです。西成区を活動拠点とし、ソーシャルインクルージョン社会の実現をミッションとする当協会の存在意義がこのまちでこそ試されています。
 2010年、当協会は釜ヶ崎にヒューマン援護福祉プラザ(愛称:援プラ)を開設。あらゆる困りごと相談など生活支援を中心に、住み慣れたまちで自分らしく暮らしていけるよう支援してきました。2011年には就労継続支援B型事業所〈ワークステーション〉を開所し、軽作業等就労に向けた訓練を実施。翌2012年には、障害者の総合的な生活相談を設置しました。こうした活動を通じて、現在は「仲間が集まる場」「就労の場」として、居場所と出番を提供しています。また、介護や看護等の福祉・医療ニーズにも協会のネットワークでお応えしています。
 釜ヶ崎の真ん中で「福祉でまちづくり」を実践しながら自立・参加・共生を目指して援護福祉プラザは活動しています
 
ずっと、もっと、人生まっとう。

  • 障害のある人たちの働きたい、自立したい、仲間がほしいといった思いに応え、居場所と出番を提供
  • 障害の種別を問わず、総合的な生活相談を通じて自立生活を支援
  • 年をとっても、足腰が弱くなっても、協会のネットワークで介護や看護の相談・支援が受けられるので安心

 

サービスの内容/特徴

・就労継続支援(B型)……軽作業や就労に向けた生活訓練などを実施
・障害者相談支援……当協会のネットワークを活かしながら、障害者の生活支援等に関わるあらゆる相談を実施。介護や看護などの福祉・医療ニーズにも対応

 

ご利用案内

利用対象者 就労継続支援B型:身体・発達・知的・精神等の種別を問わず障害のある方
利用定員 就労継続支援B型:12名
職員数 4名